「子犬の飼い方」「よくある病気や症状」「犬のことがよくわかるコラム」の3つについて情報をお届けします。子犬と上手に暮らすヒントが見つかれば、楽しい毎日を過ごせますよ!

「お迎えした子犬の元気がない…」その症状、環境の変化(ストレス)が原因かも?

ミカ
そういえばモモちゃん(ユキの愛犬)をお迎えしたときって、
体調を崩すことはありませんでしたか?

ユキ
それはもう大変だったよ、やわらかいウンチはするわ吐くわで……
週末に病院に行こうと思ったら、その前にいつの間にか収まってたんだ

ミカ
それって環境の変化から来るストレスが原因なんですよ
知ってました?

ユキ
そうなんだ! 知らなかったよ!

■環境の変化で起こる症状の原因はストレス■

犬は環境の変化に敏感な生き物です。
初めて子犬をお迎えすると、それまでと違う環境に連れてこられた影響でストレスを溜めてしまい、
体調不良のような症状が出る場合があります。
1週間程度で落ち着くので、それまでは新しい環境に慣れるための準備期間だと思いましょう。

ユキ
これって人間でいえばあれかな、
枕が変わると眠れない的な?

ミカ
当たらずも遠からずといったところでしょうか

■具体的な症状■

子犬のストレスの原因?

ミカ
では環境の変化によってどんな症状が出るのか、ご紹介します

★初めて子犬をお迎えしたとき★

・下痢
・軟便
・嘔吐

子犬は新しい環境で戸惑っています。
元いた場所から持ってきたものを与えたり、静かで落ち着く場所を確保したりして
子犬がリラックスできる環境を整えてあげてください。

★元々いた環境が変化した(引っ越し・模様替え・家族が増えた 他)★

・先の3つの症状
・トイレや留守番ができなくなる

トイレや留守番が一時的にできなくなることがあります。
家・トイレの場所・部屋の匂い・新しい家族の匂い、などが変化した影響です。

■こんなときはすぐに動物病院へ!■

ご紹介した症状の中で、下痢だけは軽視してはいけません。
特に子犬・小型犬は脱水症状や低血糖の可能性があります。
命にかかわるかもしれないので、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。

ユキ
ストレスを抱えているときの下痢は危険なんだね、知らなかったよ……

■やってはいけないこと■

ミカ
次に、ついやりがちですがやってはいけないことをご紹介します

症状はあくまでも一時的なものです。
特にトイレや留守番が突然できなくなって、叱ってしまう飼い主さんは多いです。

しかしここで決して叱ってはいけません。

環境の変化によるストレスを溜めてしまった犬の気持ちに寄り添ってあげましょう。
優しく根気強く教えてあげていくうちに新しい環境にも慣れてきます。
そうすれば自然とトイレや留守番のやり方を思い出してくれますよ。

ミカ
ちなみに症状が1週間以上続くようであれば、一度動物病院へ診せても良いかもしれませんね

ユキ
何かあってからじゃ遅いもんね
しっかり覚えておくよ!

■まとめ■

・犬は環境の変化でストレスを溜めてしまい、下痢や嘔吐などを起こすことがある
・落ち着いて休める環境、落ち着ける匂いがついたものを用意してあげよう
・下痢の場合は脱水症状や低血糖の恐れあり!早急に動物病院へ!
・トイレや留守番が一時的にできなくなるケースがあるけど、叱るのはNG
・優しくもう一度教えてあげると、自然と思い出すはず