「子犬の飼い方」「よくある病気や症状」「犬のことがよくわかるコラム」の3つについて情報をお届けします。子犬と上手に暮らすヒントが見つかれば、楽しい毎日を過ごせますよ!

健康診断に連れて行けば子犬も飼い主も安心♪その理由を説明します

■まずは健康診断へ■

首をかしげる子犬

子犬をお迎えしたら、できるだけ早く動物病院で健康診断を受けさせましょう。

★健康診断の目的★

・先天性疾患の検査
・各予防注射の準備と相談
・わからないことを獣医さんに質問

早いうちに子犬の体のことを知っておくのは、とても大切です。

ユキ
モモ(ユキの愛犬)はまだ健康診断に連れて行ってないから、
すぐ予約するよ

ミカ
それが良いです
そのほかに必要なことをお教えしておきますね

★病院に持参するもの★

 ・子犬に関する書類を全て(ペットショップや譲渡元からもらった証明書、他)
  ※元々無ければそれでもOK
 ・一番新しい子犬のウンチ(12時間以内のものが望ましい)
 ・獣医さんに聞きたいことがあれば質問をまとめたメモ

★健康診断にかかる費用の目安★

平成27年度の日本獣医師会の発表によると、中央値は14,021円です。
※詳しくは来院を検討している動物病院へ直接お問い合わせください

ミカ
それと必ずキャリーに入れてから連れて行ってあげてください

ユキ
え? キャリーじゃないとダメなの?

キャリーに入れて連れて行く理由は大きく2つです。

1.子犬は病気に対する抵抗力が出来上がっていないので、他の人や動物と触れ合ってしまって病気になる可能性があります。

2.子犬にとって初めての場所なので、恐怖や緊張から暴れることがあります

ユキ
そういうことなんだね、わかった

■狂犬病の予防接種は絶対に受けましょう■

お昼寝中の子犬

狂犬病は発症すると致死率99.9%の怖い病気です。
日本では年に1回、狂犬病の予防接種が法律(狂犬病予防法)によって義務付けられています。

ユキ
狂犬病って怖い病気だったんだね……名前しか知らなかった

ミカ
健康診断の際に、狂犬病の予防接種についてお話があるはずですよ

ユキ
うん、絶対に受けさせるよ

■混合ワクチンの接種も併せて検討しましょう■

さまざまな感染症の予防ができるワクチンです。
 ※接種は任意なので、獣医さんに相談した上でご検討ください

ミカ
健康上問題が無ければ、個人的にはおすすめです

ユキ
そうだね、病気の予防になるなら受けさせたいな
ミカちゃんありがとう 助かったよ!

ミカ
いえいえ、またいつでもご相談くださいね

■まとめ■

・子犬を飼ったら早めに動物病院で健康診断を
・狂犬病の予防接種は必須です
・混合ワクチンの接種も検討しましょう